イーウルトラキッズ powered by DynEd とは?


RHR理論に基づいた言語学習システム

~脳科学的な実証による語学トレーニング~

長期記憶領域
Long-Term Memory)に保存するには、まず 残音領域Auditory)に英語音声を入れ込み、この残音が頭の中から消え去る前に大きな声で残音文章を復唱する、このプロセスを何十回と繰り返しているうちに、英語音声は 中期記憶領域Working Memory)に移され、最終的には長期記憶領域に送り込まれます。このように、残音領域・中期記憶領域・長期記憶領域の間の言語音声は上下に行き来し、それを繰り返すうちに、ますます長期記憶領域に言語音声が浸透し安定します。この思考メカニズムを 『 RHRRecursive Hierarchical Recognition』と呼びます。e-ULTRAKIDSは、このRHR理論に基づき英語を無理なく自然に習得できるように作られています。提携企業である米国DynEd社による世界規模での長年にわたる実際の学習データをもとに、常に改良を重ねたコースウエアは、学習者に最大の学習効果をもたらします。


~ 音の違いを認識することの重要性 ~

ネイティブの発音を繰り返し聴く、その聴いた音を真似して、発音し、音声を録音する。「聴いた音」と「自分の発した音」を聞き比べる。この動作の繰り返しが、正確な発音矯正へと導きます。e-ULTRAKIDS powered by DynEd は、英語特有の高い音域に慣れ、コースウェア学習を通して自発的な発音矯正、聞き取りからキーワード抽出を行います。学習進度は、学習者個々の無理のない学習ペースにあわせることができ、さらに学習途中で高い目標を追加することも可能です。この効果的な新しいラーニングシステム MAPMultimedia Advantage Program)が、「楽しく」そして「達成感のある」学習効果をお約束します。毎日15分の習慣学習が、定着する語学能力そして向上へとつながります。


  毎日15~30分の習慣学習

~ 自宅でも、通学・通勤途中でも、いつでも、どこでも ~

 自宅ではデスクトップやノートブックPCで、外出先ではiPad, iPhone, iPod touch, Android Tabletm、Android Smart Phone などのタブレットPC端末やスマートフォンで、1日の隙間時間の5分や10分で手軽に本格的な英語学習が行えます。 少しの時間の積み重ねが効果的な学習として、大きな結果を生みます。

効果的な英語学習


週1回レッスン+毎日15分の習慣学習

~ 他の語学学習ソフトと何が違うの? ~

  いつでも、どこでも学習可能な遠隔学習コースです。 大抵のプログラムは英語を「理解」の段階まで到達させますが、当コースウェアは、更に理解した英語を実際の生活の上で「使える」段階にまで能力を向上できるようデザインされています。e-ULTRAKIDS powered by DynEd 英語学習は、最も経済的かつ理想的な英語教育です。 無理のない個々に合った適切なレベルとスケジュールでの進行可能。学習内容は詳細データを担当インストラクターが毎日確認し、毎回のレッスン時に担当講師からの評価、通信教育の場合は定期的(年3回)に指導レポートが送付されます。従来の「暗記型英語」とは違い、英語は自己表現のひとつ(ツール)であるという認識「表現型英語」(英語で考える)で言語を習得していきます。毎週 せっかくレッスンに通って英語でのインプットを獲得しても、自宅に帰って日本語モードで日々生活をしていると毎日少しずつインプットした英語が薄れてしまいます。自宅で何もしない場合です。そこで自宅でも『英語環境』(英語を聞く・英語を見る)を実現するだけでこのインプットの減少が抑えられます。レッスンをより効果的に受講していただくために、自宅学習も並行的にすすめてもらうことで、インプットがまだ頭に残った状態でさらに上乗せした状態で、英語でのインプットを増やしていきます。一週間に一度のレッスンに加え、自宅でもこういった取り組みを少しずつ積み重ねていくことで週1回のレッスンをより効果的に受講して頂けます。

~ 世界が認めた最高水準のDynEd語学学習システム 

 米国DynEd社で開発された この学習システムは、その高い教育効果が認められ、航空会社のパイロットや管制官の英語教育やヨーロッパ各国の教育省・教育委員会に採用され、現在2500万人以上が学んでいます。

週1回レッスン+毎日15分の習慣学習

イーウルトラキッズ powered by DynEd とは?

RHR理論に基づいた言語学習システム

~脳科学的な実証による語学トレーニング~

長期記憶領域Long-Term Memory)に保存するには、まず残音領域Auditory)に英語音声を入れ込み、この残音が頭の中から消え去る前に大きな声で残音文章を復唱する、このプロセスを何十回と繰り返しているうちに、英語音声は中期記憶領域Working Memory)に移され、最終的には長期記憶領域に送り込まれます。このように、残音領域・中期記憶領域・長期記憶領域の間の言語音声は上下に行き来し、それを繰り返すうちに、ますます長期記憶領域に言語音声が浸透し安定します。 この思考メカニズムを 『 RHRRecursive Hierarchical Recognition


英会話スクール「ウルトラキッズ(ULTRAKIDS)」へのお問合せは電話もしくは体験レッスン予約申し込みフォームでお問い合わせください。